SEMBN1.png
NYC Skyline BW

設備や施設に設置したセンサー情報を、定期的にSeMクラウドサーバーに

送信することで、データを「見える化」し状況の「分析」に利用可能

SeMサーバー構成.png

SeMクラウドサーバー
の概要

SeMクラウドサーバーは、汎用的な各種センサーやアプリケーションなどの様々な入力デバイスとの連携を容易に実現できる、IoT向けクラウド型ソフトウェアです。シンプルでわかりやすい管理画面で操作ができ、得られた数値情報に応じて、グラフ化や平均値、最大値、最低値などを表示できます。また、管理者へのアラート通知することも可能です。

SeM概要図.png
センサー画像.png

マルチセンサー対応

​人感センサー、温度、湿度、CO2濃度、気圧、照度、接点など様々なセンサーデバイスと接続可能。用途や目的に合わせてセンサーデバイスを組み合わせて、データを「見える化」します。

遠隔地でデータ監視

クラウドに送信されたセンサーデータは、遠隔地の事務所などのPCやスマートフォンなどで、取得履歴を時系列で確認できます。グラフ、リストなどの画面やCSVファイルでのアウトプットも可能です。

PC表示.png
応用フィールド.png

幅広い応用分野

食品工場などプラント施設やハウス農業施設、シャアオフィスなどのオフィス環境、ホテルや公共施設、飲食店など不特定多数の人が集まる施設など、あらゆる空間の環境状況をセンサーで取得し、クラウドサーバーを通りして、見える化します。そして、遠隔地での監視をサポートします。

あらゆる分野での課題を解決します!

jirei1.png
jirei2.png
jirei3.png
jirei4.png

​ビル/オフィス/学校/塾向けIOT資料

参考レポート横.jpg